スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

マタニティ

【妊婦さんは野球観戦に行っても大丈夫?】妊娠6ヶ月 交流戦を見に行った

6月の半ばに野球観戦に行ってきました
妊娠6か月(23週5日)でした
当日はファイターズVS巨人の交流戦
夫婦ともにファイターズファンであり、義父が巨人ファンであるため、3人で球場へ
かなり前から予約をしており、当日の体調も良かったので観に行きました

妊娠中に野球観戦に行っても大丈夫なのか、同じ思いで悩んでいる人もいるのではと思いブログにしました

座席の選び方

交流戦のチケットを取る際に注意した点としては「どの席をとるか」でした
私たちが取った席は、ファールボールが届かない 1塁側3階席
怖いのは足元が見えないことによる転倒でしたので、階段を一つ下がる程度ですむ席をとりました
家族で角側3席をとり、私は安全な真ん中に座りました

球場にエレベーターがあるかの確認も必要ですね
今回取った席は、エレベーターからすぐそばでしたので人混みを歩かずに済みました

失敗した点
エレベーターで3階まで上がり、ほとんど歩かずに座席に到着しましたが、席に座ってから気が付いたことがありました
それは応援席の並びの席であったこと
声だし応援や楽器の応援は影響はありませんでしたが、太鼓の振動が心配でした
丁度太鼓の並びの席に座ってしまっていたのです。結構な振動がありましたから時々球場内を見て回るなどをしながら席を立つようにしていました

妊婦さんは応援席の近くは注意が必要ですね

持ち物

水分補給のできる飲み物は必須

勿論、球場内でも飲み物は購入できますが量的には少ないため何度も購入が必要になってきます
そこで、持ち込み可能な球場であればマイボトルの持参をお勧めします
それでも足りなければ球場内のジュースを購入するという形にしました
当日は車で行ったため、夫も義父もお酒は飲まず各自マイボトルのお茶を飲んでいました
お財布にも優しいですね

カーディガンなど体温調整のできるもの

私の行った球場は屋根付き球場でしたが、体温調整のできるカーディガンを一枚羽織っていきました
当日は気温も丁度よく、中に一枚七分袖の服を着てブラウスとカーディガンでのコーディネートでした
ユニフォーム着用は今回はしませんでした

クッション

球場の椅子は固いですからお尻の下に敷くクッションは必須でした
残念ながら当日私はクッションを持参し忘れてしまい、お尻が痛くなってしまいました💦
途中から持参していたタオルを敷き、ときどき席を立ち球場内を見て回り凌いでました
ただ、人混みを歩くのもぶつからないかヒヤヒヤものでした
なので、妊婦さんはクッションを持参したほうが良いですよ



おすすめ アウトドアクッション

母子手帳

母子手帳は野球観戦に限らず、外出時はカバンに入れておくようにしています

移動手段

電車やバスは大変混雑しますから出来れば自家用車使用がおすすめです
私の場合も、妊娠前は球場で夫婦ともビールを飲んでいたので地下鉄とバスを利用していましたが、今回は妊娠中ということもあり自家用車で移動しました

できることならば、球場に近い駐車場をとれると一番いいですね

残念ながら今回は駐車場が10分ほど歩く距離でした
行きは夫が義父と私を球場前で降ろしてくれたので歩かずに済みましたが、帰りは3人で駐車場まで向かいましたので大変でした。また帰りは多くの方が同じ駐車場に向かって歩いていますから混雑もしています
試合の時間にもよりますが、当時はナイターゲームでしたので試合終了が21時過ぎであり、暗いため足元を気にして慎重に歩きました
ただ、車で行けたことは本当に良かったです

以前はバスを利用していましたから、試合終了後はバス乗り場が混雑し60分待ちの状態も普通でした
今回は自家用車でしたので、最後歩くのは少し大変でしたがなんとかなりました

まとめ

妊娠中に野球観戦に行っても大丈夫か
不安もありましたが、行くことが出来てよかったと思っています
やはり、生観戦は迫力が違います
ただ、応援席の近くの席をとってしまったため、太鼓の振動が胎児に影響を及ぼすのではないかと心配になったことと、クッションを忘れてしまったためお尻が痛かったことが反省点でした

妊婦さんはいつ何が起こるかわかりませんし、球場での野球観戦は体力も消耗します
お腹の張りがないかなど気にかける必要もありますね
心配であれば医師に確認するのがいいでしょう
また、万が一の時のために近くの病院を調べておくこと、母子手帳の持参も忘れずに

子供が生まれてすぐは野球観戦には行けなくなってしまうでしょうから、迫力ある生観戦を楽しめるといいですね
体調と相談しながら、無理せず野球観戦を楽しみましょう!





知育おもちゃの定額制レンタルサービス

NHK、WBS、日経MJ、日本経済新聞等、 テレビや新聞にも多数取り上げられており、
『日本サブスクリプションビジネス大賞2019』 グランプリ獲得
詳細:知育おもちゃの定額制レンタルサービス


 

 にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ 高齢ママランキング
 

スポンサーリンク
koyagiをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました